FC2ブログ

archive: 2012年04月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

3・11 以降

No image

この本、良かったです。  → 「コミュニケーションは、要らない」3・11について大事なことが書いてある。 今まで気づかなかったことを気づかされ、腑に落ちることもあった。 自分の無知にあきれ情けなく思った。 感想を書こうかと思ったけど、長くなりすぎるのでやめた。 興味ある方は一読を。 3・11についての文化人と言われる人達の言説は新聞で読むくらいで、まとまった本として読んだものは殆どない。 今回の押井本のほかに...

  •  0
  •  0

押井監督作品におけるギリシャ悲劇的構造について  最終回

No image

● ギリシャ悲劇的とは 外部からの力が世界内部におとづれ、それが特定の人間や状況と衝突するとき、 そこに生まれる劇を「ギリシャ悲劇的」と漠然と感じている。 人間の側からすればそれは「宿命」「運命」ということになる。 ギリシャ悲劇の場合、この外部は「天の力」「神の力」として表現される。 それは地域性や時代性のせいもあるだろうけど、 ギリシャ悲劇の場合、その純度がきわめて高いこと、垂直性、 そしてそれが神と人...

  •  0
  •  0

フジコ・ヘミング  さん

No image

→  フジコ・ヘミング HP先日、Eテレでフジコ・ヘミングさんのドキュメンタリーをやっていて、たまたま見た。 私はこの方の名前しか知らなかった。 とにかく、かっこいい ! ! 魔女のようなホームレスのような、おかしな服装、おかしな帽子。 裁縫が好きということなので、ご自分で作られたのでしょうね。 でも、その服装も一般と較べるからおかしいので、 実はとてもセンスがよくて、着ている人の中身とぴったり合っている。 ...

  •  0
  •  0

ケンソラさん、ギターのコンテストで受賞しました^^

No image

 → アコースティックギターの祭典フィンガーピッキングデイ年1回おこなわれるアコースティックギターの祭典。 全国からの応募で、最終選考に残ったアコギの精鋭たちがその技を競うコンテスト、 なのだそうです。 私は音楽にもアコギにも無知なので理解力なくスミマセン(:_;) アコギ好きの方ならご存知でしょう。 このコンテストで私の知人のアコースティックギタリストのケンソラさんが、 「アコースティックギターマガジン賞」...

  •  0
  •  0

わが谷は緑なりき

No image

このタイトルに特に意味はありません。 ふと思いついただけです。 でも今の私の実感です。 この場合、谷とはもちろん私の内面のことです。 これから先の私のなすべき事、というか、 おのずとそうなるであろうことは、 身体という土地を豊かに実らせつづけることだな、と、 そう思えることが嬉しくて。 その土地が、緑なす大地であろうと、 きびしい砂漠であろうと、いずれにしても、 燦々と光がふりそそぐ土地であることは疑いもな...

  •  2
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。