FC2ブログ

archive: 2014年01月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

舞踏家はエロスと美のプロ でありたい

No image

この場合の美とエロスはもちろん、巷に流布しているような、テレビ画面でお目にかかるような、そういう安いものではありませんが。舞踊、というこで言うと、私の印象では、民族舞踊や伝統芸能には美とエロスがあったようだ。たぶんそれは舞踊が「土地」と結びついているからと、「時間」の痕跡が感じられるからだろう。土地と結びついているということは、そこに「空気」があるということ。生命は他者と分かちがたく、人間以外の生...

  •  0
  •  0

言葉と身体

No image

「身体だけやる人はいるし、言葉だけやる人もいる。だけど言葉と身体と両方やるのは大変なんだよ〜 このことを誰もわかってくれない」と言った人がいます。名前は伏せておきますが、私の尊敬する人です。私も言葉と身体と両方やっている部類にはいると思うけど、私の言葉は「論を展開する」というものではなく、アフォリズムのようなもの。だからかろうじてやっていられる。これをまともに「論」として展開するのは不可能と感じて...

  •  0
  •  0

吉岡徳仁展

No image

美術館での展示は終了してしまいましたが、  → 吉岡徳仁著名な方なんですね。美術やデザイン関係に疎い私は知りませんでした。東京都現代美術館でやっている展示に、知人から誘われて行ってきました。「最上さんの踊りに通じるものがありますよ」と言われて。現代アートがさっぱりわからなくて、美術に関するアンテナを持っていないと日頃思っている私だけど、この展示は素晴らしかった。それを言葉であえて表すとしたら、 静...

  •  0
  •  0

身体そのものとは

No image

私はなぜ身体そのものにこだわるのだろう  ?芸能について語っている文章の大半は、身体そのものについてではなく、「こういう踊りがあります」的なものだ。「こういう踊りにはこれこれの意味があります」とか。民俗学的な研究とか。舞踊の世界において、身体がこれ以上ないくらい具体的なものであるにもかかわらず、具体的に語ったものは殆どない。身体運用法とか限定されたものはあるが。私がしつこく書いてきているように「身体...

  •  0
  •  0

あけましておめでとうございます

No image

遅くなりましたが、ブログを読んで下さっている皆様、あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。写真は先日の拙宅での奉納舞の様子です。生徒さんのデュオ舞踏、新年らしい爽やかさです。私自身の写真はもう見飽きた光景なので省略。新年というと神社参りや初詣などの、心改まるイベントがありますけど、自分たちで踊って新年を寿ぎ、仲間とともに酒を酌み交わす、こういう新年会もいいなぁと私は思...

  •  4
  •  0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。