FC2ブログ

archive: 2017年02月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  closed
  •  closed

着るということ(1)

No image

私の稽古では、日常のありきたりの動きを深めていく、ということをやっている。もっともありきたりの行為として、食べる、着る、というのがあり、ここでは「着る」ということについて考えてみる。食べるというのは人間でなくてもするが、「着る」のは人間だけ。なぜなのだろう。これはとても大きなテーマだ。人間は身体にどのように対処してきたか。「着る」という以前に身体を加工するという行為があり、たとえばタトゥーとかがそ...

  •  0
  •  closed

No image

ポリバケツに入れた水の中に10分かけて手を入れる、という稽古をすることがある。この稽古は時々する他愛もないものだ。反応は人それぞれでとても面白い。いつだったか、この稽古をした後で感想を訊いてみたら、生徒さん(塾生)は、「水の中に手を入れた瞬間、世界が止まった。」と言っていた。一瞬あたりが真っ白になったそうだ。ドキドキした、びっくりしたと。この時、小さな生まれ直しが起こったのだと、私は思う。水は儀礼にし...

  •  0
  •  closed

稽古の動画を掲載。

No image

ブログを復帰したときに、過去記事の全部は復帰できずに漏れてしまったものがあり、稽古の動画も漏れていたので、再度掲載します。ソロではなく複数人で踊ると、次第に動きがシンクロして来る、という現象があります。振り付けではないし、お互いの動きをよく見ているわけでもない、と言うと驚かれます。身体関係のワークではしばしば起こり、舞踏に限ったことではないでしょう。身体はもともと他者と繋がっているのだと、つくづく...

  •  0
  •  closed

死の体験

No image

ふと思った。死ぬ時は苦しいのだろうとか寂しいのだろうとか、人は勝手に思っているけど、本当にそうなのだろうか。人は死というものを、あまりにも外からだけ見すぎるのではないか。齢をとったので自分の死について、想念ではなく具体的に思うことが多くなった。自分の死の光景を外側から見て、看取ってくれる人がいないのじゃないかとか、痛みで苦しむのじゃないかとか、そういうことより、内部の体験のほうに興味がある。別に家...

  •  0
  •  closed

動画紹介します。

No image

新年会で私が踊った奉納舞を紹介します。興味ある人はぽちっとしてください。動画を撮ったのは久しぶりで、自分で見ると違和感ある。普段は自分の踊りを見ることはないから。動画だと妙にのっぺりしているというか、ぬるっとしているように見える。生徒さんの踊りをナマと動画で較べるとそう感じるので、たぶん自分のもそうなんだろうと思う。もしこの動画のままだとしたらちょっと悲しいな。自分の踊りはこんなふうなのかって思う...

  •  0
  •  closed

林にて

No image

まるっきり他愛のない話。私はよく「変性意識遊び」をする。日常生活のなかで、気が向いた時に変性意識に入る。電車の中とか、道を歩いている時とか、湯船の中とか。とたんに世界がしんと静まり、時間が止まる。これをやると何がいいかと言うと、気持が落ちついて生きることの不安が軽減する。無条件の快楽みたいなものがある。私はこれはスピノザ的な汎神論の世界だと思っている。古代人の世界像に近づく行為だと。存在すること生...

  •  0
  •  closed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。