31 2016

よみがえる日本語ヲシテ連続講座こんなでした。



昨日のヲシテ講座、
斯波さんが肺病病みの文士のように、コホンコホンと咳が出るので、青木先生がオヤジギャグを交えつつ闊達に話し続けて、質問も沢山出て、大変楽しうございました。

いつもは夜間の講座だけど、今回は日中ということもあって日本庭園を眺めつつ、いい時間をすごしました。人間がどのように世界を把握し統合し形にし生きようとしたのか、その原点を知るのが、身体と世界と言語の関係に興味のある私には楽しいです。知の情報があふれて、情報の海で溺れかけて、結局はなにひとつも掴めない現代生活の中で、事物の核心に迫るのはじつに困難なことです。この講座は私にはひとつの羅針盤であります。

次回は最終回の予定。場所の予約の関係もあって日程は未定ですが、決まり次第お知らせしますので、ぜひ皆さんお出でくださいましな。

0 Comments

Leave a comment