21 2017

モノの解体

いつだったか、稽古で面白いことがあった。
スローという稽古で、湯呑み茶碗に入れた水を10分かけて飲む、というもの。

この動作の途中で一瞬、ある生徒さんのお茶碗が、手から離れて空中に浮いたように見えた。
正確に言うと「浮いた」のではなくて、なんとも言いようのない状態になった。
お茶碗が溶けたというか、形がなくなったと言うか、
とにかくもいつも見ているお茶碗ではなくなった。
それを持つ手もなんだか奇妙だった。溶けたというか変形したというか。
お茶碗と手の組み合わせが、流れ出したというか、霧状になったというか。
そういうのともちがう。
現れたり消えたりするような現象が一瞬起こった。
(身体もまた時としてこういう状態になるのですが)
目がその現象を捉えられなくなり、それを語る言葉もない。
その後すぐに、ただのお茶碗に戻った。
「あれっ」と、ちょっと目をこすりたくなるような感じ。

この稽古のあと本人に訊いたところ、
「突然お茶碗が別のものになってびっくりした。なにか尊いものに感じられた」と言う。
彼女の体験したことと、私の見たものが一致したのだった。

モノとの関係が日常とはちがう次元に移行する。という現象だ。
そのときモノはただの物質ではなくなり、アニミズムで言う精霊=スピリットが、
事物の中でめざめた、とでも言えばいいのか。
まるで魔法のようなんだけど、本当のことだ。
滅多にはないけど、稽古を重ねていけば、しばしばなる。
事物は変容する。
これは時空のn次元化ということだとも言えるかな??

人形遣いは訓練をして、人形を生きたもののように動かす。
舞踏の稽古では人形どころか、ただのコップのような無機物でも生きてくる。
生きているように見えるのではなく、ほんとに生きてくるのだ。
モノは日常の形を解体して、もやもやした得体の知れない見たこともないものになる。
これがオカルトでも妄想でもないことが私には大切で、
この世界に何か全く新しい(古い)ことが起こっていると思う。
私にはこれこそが〈リアル〉であると思える。
この形なき世界と、現実のいつもの世界、が重なっているのが。
(今でも地球上のある地域では起こっているだろうし、人類史の古い時代にはどこでも起こっていた、たぶん)
一瞬のことなので、殆どの人が忘れてしまうし、覚えていてもただの珍しい話にしかならないが、
ほんとは「認識」の問題にするべき何かなのだ。

このような現象は、事物の内部にまで意識が届いた時に起こるようだ。
経験的に言うと。

人間の身体もモノも、ある一面ではただの物質だ。
でもその内部はただの物質ではなく、なんというか・・
形而上的なものであると思う。
このことの重要性はいくら力説しても足りない。
通常の私達の世界とは全く別の世界が、この世界のまっただなかにある。
近代的な認識がつくりあげた世界とは別の世界が。
こういうことはある種の本には書いてあるけど、大切なのは実際にいつでも起こり得るということだ。
そしてその体験を表層のオカルトにしないこと。

だからなんだ、と言われても困る(笑)
私はこれはすごく大切なことだと、カンで思っている。
内部がにゅるにゅると外に出てきたのだと。
あるいは世界の裏側が顔を出したのだと。
「地と図」の地が露出したのだと。
これは踊りのすべてではもちろんないけど、可能性のひとつであり、
世界のはかりがたさに私は打たれている。

0 Comments

Leave a comment