26 2017

暴力シーン・原罪など

映画は、ありとあらゆることをしてきたなと思う。
時代劇あり、SFあり、ファンタジーあり、メロドラマあり、西部劇あり、ポルノあり、
海洋物あり、戦争物あり、動物モノあり、ミステリあり、文芸物あり、刑事物あり ・・・
映画は歴史は浅いけど、短期間に一挙に花ひらいた感ある。

私には理解できない、映画の、ある側面。
それは暴力シーンだ。
私には暴力衝動はない。
自分で気がついていないだけなのか、それはわからないけど。
小説や絵画や音楽や、その他のジャンルと較べると、映画の中で、暴力は一気に噴出した気がする。

先日TVでたまたま北野監督のアウトレイジを見て、いろんなことを思った。
映画じたいはとても面白くて、たいしたものだと思いつつ見ていたけど、
暴力シーンになると、思わず目をつむってしまった。
だって、あまりにも凄まじいんだよ。残酷で。
まあほとんどが暴力シーンなので困っちゃったんだけど。
よくもまあ、あんなに次々と暴力のバリエーションを思いつくものだなぁ
考えてみると、暴力シーンを撮るには、
どうやって人を殺そうかと、あの手この手を考えるわけで、それって凄まじいよね。
そんなことに人が腐心している光景は。
実際の現実では、ちょっと怪我して血が流れても大騒ぎする男性が、
表現世界では、これでもかと血を吹き飛ばすんだから。

暴力シーンが悪いとかそういうことではなく、
この表現欲ってなんなのか、どこから来るのか、と考えてしまった。

身体をやっている自分の立場に引き寄せすぎかもしれないけど、
その暴力表現に対する果てしない欲望が、
「身体がない」ことへの苛立ちのように、私には感じられてしまった。
「俺には身体がない、なんとかしてくれ〜 ! !」という叫び。
それだけが理由ということはないかもしれないけど、確実にそれはあると思う。
身体がある人が暴力を欲するとは考えにくい。
女性には暴力衝動が少ないのはそのせいか。
最近は女性も男を殴ったりするから、女性も身体がなくなってきているのかな。

アジア圏よりも欧米のほうが、暴力を好む傾向があるという印象。
アメリカ映画の暴力シーンとか、身体破損のリアル描写とか、執念のようなものを感じる。
何もこんなにまでリアルにしつこく描くことないだろうと思う。やりすぎ。
それって、身体を失っている者たちほど暴力を欲する、ってことなのか。

人類が身体を失ってきた歴史って、すごく長いから、
身体のない苛立ちは、いつのまにか、それこそ身体に蓄積されている。
頭や心はそれを意識していなくても、身体はその喪失を忘れない。

・・と、暴力シーンを見ていて、そういうことを感じた。
これは表現としての暴力だけでなく、現実に暴力を振るうことも同じではないか。
身体のない者は苛立ちやすいし、短絡的だ。

ついでに、人間の原罪意識についても何かを感じた。
人間の原罪意識ってどのようにして形成されたのだろうか。
キリスト教に顕著なのはなぜなのだろう。

私は、人類のしてきた最大の罪は、動植物の虐待だと思っている。
生きるために必要だから動物を殺していた頃でも、罪の意識はおそらくあった。
だから、動物を殺してそれを食べる時には儀式が必要だったのだ。
でも時代が下るにつれ、食べる必要をはるかに越えて、人は動物を殺し続けた。
毛皮を取ったり、単なる娯楽のための狩りをしたり、その他のさまざまな目的で。
森を切り崩して木を殺し、動物たちの住処を奪ってきた。
しかも贖罪と感謝と畏敬の儀式をはしょりつづけて、今やただの殺人鬼みたいになってる。

動物や植物を殺しつづけた時の、殺した側の(心ではなく)身体の受けたダメージ。
殺した者がそれを意識していなくても、身体はダメージを受けてきたと思う。
なぜなら身体は外界とじかに繋がっていて、
他者が傷つけば自分も傷つくようになっているからだ。
他者が「痛い」ときは必ず自分も「痛い」
それはヒューマニズムなどではなく、物理法則のようなものなのだ。
宇宙原理のようなものなのだ。
すべてはめぐりめぐって繋がっている。

その、身体の受けたダメージが蓄積されて。人間の原罪意識を作ったのではないか。
それは観念ではなく物理だ。モノとしての蓄積なのだ。
と、私には思えるのだ。
人間は「なにか自分はやましいことをしてきた」という漠たる思いをかかえている。
そしてその原罪意識をチャラにするために、宗教を必要としてきたとしたら、
ずいぶんとややこしいカラクリを、人類は作ってきたものだ。

0 Comments

Leave a comment