FC2ブログ
-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10 2018

ILCの日本誘致を応援したい




DfHpXQ0U8AAhOsK.jpg

DfFOCExUwAArrJN.jpg

DfHpZXEUcAETYOp.jpg




熱くなっているので長文をご容赦ください(笑)
押井守監督が発起人となっているリニアコライダーの日本への招致サポート運動。私も初めは関心が薄かった。なにしろ地味で、なんのことかよくわからない。

ILCプロジェクト(国際リニアコライダー計画)、これは宇宙物理学において宇宙の起源=ビッグバンを科学的に再現(創出)しようとする、人類の最大の夢の実現に向けての世界的プロジェクトです。見かけは地味ですが、宇宙ロケットを打ち上げるのと同じくらいのロマンなのです。具体的には世界最大の加速器を建設し、電子を衝突させる研究実験するもので、そのためのお金と土地が必要になります。世界中の科学者がこの加速器の建設を日本で行いたいと、日本政府からのOKサインを何年も待っている状態です。この分野における日本の優秀な技術と、設置するための経済的環境的条件から日本が最適とされています。このプロジェクトの実現がなかった場合、宇宙の起源の謎に挑む実験は世界的に凍結されます。

このコライダー(加速器)が設置されると、世界中から何千人という一流の科学者が日本の東北の北上山地周辺に住みつき、今後何十年にもわたって研究が進み、ひとつの文化都市が生まれるわけです。農家のオジサンの隣の住人は外人の科学者、なんてことになるわけです。

日本は戦後、ただひたすら経済価値のみを追求して進んできました。そこでないがしろにされたのが「文化」です。日本には金はあるけど(それも最近はあやしいけど)世界に誇れる文化がない。そして押井監督は科学は技術である前に文化だということを強く訴えています。科学は文化であり哲学だ。エジプトにピラミッドがあるように日本にコライダーを。

科学に対して、あまり評価したくない気持の人もいるかもしれません。私にもそういう気持はあります、でも私達の生活のほとんどが科学の成果で作られています、スマホでもパソコンでも。科学は人間を生かしも殺しもします。だからこそ製品を生み出す単なる技術ではなく、科学には哲学が必要で、科学を文化にしていかなくてはならないのです。

宇宙科学は宇宙探求を人間の外部世界においています。私のとりくんでいる身体は、人間の身体の内部に宇宙を探求するものです。身体は昔から小宇宙だといわれているのはダテではありません。微小な物質が宇宙の謎を解く鍵であるように、身体の内部も微粒子が鍵になります。このことはわかりにくいでしょうが、ごく少数の身体探求者には周知のことです。最先端の宇宙物理学と、身体という究極のアナログ世界は、内部と外部というかたちでシンクロしているのです。
私のコライダーとの接点はそういうものです。そして日本も一つくらい文化において世界貢献をしようよ、ということなのです。

コライダー招致に向けて、今は一般社会からの後押しが最後の決め手になるということです。偉大なプロジェクトですが、その見かけが地味なために一般には知られていません。メディアは芸能人の不倫はとりあげても、こういう問題はとりあげません。政府を動かすのは一般の人たちの強い後押しなのです。今年の夏8月くらいまでには、このサポート運動を一つの大きな力にしたい。もうあまり時間がないそうです。
これを読んで興味を持たれた方は、以下のサイトを見て、賛同してくださるなら、ぜひサポーターになってほしくて、こんなに長い投稿をしました。サポーターになる手続きはサイトに記載されています。SNSやネットを通して一般の方が応援してくださることが大きな力になります。サポーターになることに踏み切れなくても、関心を持っていただければ嬉しいです。

  → ILCの日本誘致を応援しよう

  → 国際リニアコライダー計画


写真は、先日おこなわれたILCサポート運動の報告会の様子です。

- 1 Comments

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2018/07/23 (Mon) 09:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。